昼間ランチを食べたり年代周などを習得しました

昼間食事を食べました。チャルメラの醤油テーストのカップラーメンを食べた上にとうもろこしポタージュを呑みました。中にはクルトンなどが入っていました。久しぶりに食べましたが、美味しかっただ。そして、地球について習得しました。秒(″)はイメージの1度がイメージの60分け前で、イメージの1分け前がイメージの60秒だ。年頃周視差は1″より薄く、測量がむずかしかった結果1838年頃まで記録できませんでした。天球ときの恒星の様式の動きは、恒星のところによって異なります。地球が運動していれば、星から現れる明かりは動作の方位の前から訪ねるように見える。これは、動いている車両の窓から見える雨粒のとれる方角と同じです。地球が公転していれば、恒星の言える方角は1年頃転回で変化する筈で、こういう変調のがたいを年頃周光行ズレといいます。年頃周光行ズレの最大限はどの恒星でも約20.5″で、年頃周視差の成果より全然大きかった結果、年頃周視差より速く、1727年頃に測量されました。ミュゼ 2人